目の使い方と目の休ませ方

視力低下 - 目の使い方

目の使い方で、視力は変わります。

仕事ではパソコン、学校ではノートや教科書と、
見つめる時間が長くなりがちです。

しかし、「視線」は変えることができます。

長時間同じ物を見続けるのではなく、
視線を動かすこことが重要です。

そして、その視線を動かした先にピントを合わせます。

また「まばたき」をきちんとすることで、
ドライアイや目の疲労を防ぐこともできます。

パソコンを見ていたら、時計を見たり、手元を見てみたり、
授業中なら先生を見てノートを見るなど、視線を動かします。

後は30分に一度くらい遠くを見たり、
目が疲れていると感じた時には目を冷やすなどします。

集中して血行が悪くならないように、首を回したり、
目の周りのマッサージをしましょう。

目が疲れる人は、肩こりや首こりもあるので、
全体的に血行を良くすることで視力低下を防ぎます。

視力回復は自力でできることを知っていますか?

関連記事
  • 目の使い方

    私たちは日常生活で、目をどのように使っているでしょう?通常、「遠くを見る」か「近くを見る」のどちらかの使い方をしています。景色など、遠くを眺める時は視野が拡大さ ...

    2012/02/29

    目の使い方

  • 片目だけ視力低下

    片目だけ視力が悪いのは、偏った目の使い方をしているからです。人間は利き手というのがありますが、目にも同じように利き目というのがあります。特に子供のうちは、片目だ ...

    2011/10/16

    視力低下 - 片目だけ視力低下