視力低下と生活習慣

視力低下 - 視力低下と生活習慣

生活習慣の中で何気なくしていることで、
視力を低下させることがあります。

生活習慣病の糖尿病や高血圧、動脈硬化などは、
視力低下や目の病気になりやすいと言われています。

たとえば、姿勢の悪さ。

字を書く時に集中して猫背になり、目が近くなっていたり、
寝転がって本などを読むというのはよくありません。

電気をつけず、暗いところで本を読んだり、
癖で何かを見る時に目を近づけることも視力を低下させます。

仕事に熱中して、長時間パソコンを見続けるのもよくありません。

こんな当たり前になってしまっていることが視力を低下させるため、
自分の日頃の習慣を知って、改善していきましょう。

習慣を改善するだけで視力が回復し、視力の低下を予防できます。

簡単な視力回復法で視力を回復しましょう!

関連記事
  • 片目だけ視力低下

    片目だけ視力が悪いのは、偏った目の使い方をしているからです。人間は利き手というのがありますが、目にも同じように利き目というのがあります。特に子供のうちは、片目だ ...

    2011/10/16

    視力低下 - 片目だけ視力低下

  • ゲームやテレビは目は悪い?

    ゲームやテレビは目を悪くするといいますが、実際はどうなのでしょうか。ゲームをしない人でも目は悪い人はいますし、ゲームばかりしていても目がいい人もいます。この違い ...

    2011/09/30

    視力低下

  • 視力低下の原因

    視力低下の原因は日常生活にあります。最近、子供の視力低下が増加していますが、外で遊ぶよりもゲームなどをする子が増えているという、日常生活に原因があります。子ども ...

    2011/09/25

    視力低下 - 視力低下の原因