メガネの欠点とコンタクトレンズの欠点

視力が低下するとメガネかコンタクトレンズを使用すると思いますが、
それぞれに欠点があります。

メガネとコンタクトの欠点は、
視力の矯正はできても視力の回復はできないということです。

それに加え、物を見る力が衰えて、
さらに視力が低下しやすくなってしまいます。

使わないと不便なため、
どうしてもそれなりの費用がかかります。

「メガネ」の場合は、
レンズの中でしか物を見ることができないので、
その分、当然のことながら視野が狭くなります。

通常でも見る部分が少ないというのは、
疲れ目の原因になりますが、

メガネでは、そこでしか見ることができないため、
自然に疲れてしまい、緊張しやすくなります。

そのため、目のケアを通常以上にしないと、
視力低下を進める結果になってしまいます。

「コンタクトレンズ」の場合は、
正しく使えば、悪影響はなく、
メガネと違って視野は広くなっています。

しかし、目に直接装着するため、酸素が行きにくくなり、
疲れやすくなるという欠点があります。

また、ドライアイになりやすい欠点があります。

最近では若い子たちがオシャレ感覚でつけることも増えていますが、
角膜を傷つけたり、目の病気にならないように、レンズを清潔に保ち、
正しい使い方をする必要があります。

視力回復のポイントは、意外と簡単だって知っていますか?

コメントは受け付けていません。