裸眼視力が必要な職業

視力はメガネやコンタクトレンズで矯正できるので、
運転免許などは、メガネやコンタクトレンズを着用すれば取得できます。

しかし、世の中には『裸眼』でないといけない職業もたくさんあります。

視力制限がある職業として、パイロット、消防士、法務教官、
競馬の騎手、競艇選手などがあります。

他にもボクサーなどは、当然ながらメガネやコンタクトレンズを
つけて試合をするわけにはいかないので、裸眼視力は必要になってきます。

このほかにも、メガネやコンタクトレンズだと
不便という職業はたくさんあります。

たとえば、サッカー選手や野球選手なども危険性が高くなり、
目が悪いと動作に違いが出てきます。

体を動かす保育園の先生なども、
メガネやコンタクトレンズが無い方が良いという仕事がたくさんあります。

裸眼視力を必要とする職業はたくさんあります。

視力の低下に悩んでいませんか?

コメントは受け付けていません。