ゲームやテレビは目は悪い?

ゲームやテレビは目を悪くするといいますが、
実際はどうなのでしょうか。

ゲームをしない人でも目は悪い人はいますし、
ゲームばかりしていても目がいい人もいます。

この違いは何だと思いますか?

ひとつの画面に集中することは、目を悪くする原因なので、
テレビやゲームは目を悪くする原因になり得ます。

しかし、「絶対に悪くなる」ということはありません。

なぜかというと、遺伝が関係しているからです。

目の悪い親からは目の悪い子が生まれやすい、ということがあります。

目が悪い親が同じ感覚で子供にテレビを見せていたら、
同じように悪くなりやすいと思われます。

では、ゲームやテレビを長時間していても
目が悪くならない人はどうしているのか?

それは、休憩を入れたり、違う距離で物を見たりしているのです。

テレビを見た後に勉強をしたり、ゲームをしたら外に出かけて、
遠くを見たりすることで、視力低下を防ぐことになります。

視力が低下する生活を変えていきましょう!

コメントは受け付けていません。