視力とストレス

ストレスは体全体に影響しますが、
ストレスは視力低下にも深く関係します。

脳が疲れると、自律神経が乱れ、
自律神経が乱れると、必然的に視力も低下します。

また、精神的要因も視力低下影響します。

一番影響を受けやすいのは子供で、
子供のときは、色々なストレスに対応する力がありません。

脳が発達してこれば、ある程度ストレスに対応できますが、
それができないうちはいじめや家庭環境、
受験などのストレスで視力が低下します。

勉強をしているから視力低下したというのは、
親の都合の良い解釈と言えるのかもしれません。

子供の時に視力が低下しやすいのは、
ストレスが原因かも知れない、
ということを理解しておく必要があります。

大人でもストレスで視力が低下するので、
ストレスと上手に付き合うことで、
視力回復もやりやすくなります。

視力低下をストップさせましょう!

コメントは受け付けていません。