目の疲労とストレス

目の疲労には2種類あって、

寝たり、目を休めれば回復していく疲れは「目疲労」。

何をしても治らない場合は「眼精疲労」と言います。

ヒトには生まれ持った自然治癒力がありますが、
それによって目の疲労を回復していきます。

昼間は目を動かさないことが多く、ドライアイや眼精疲労に
なりますが、夜は睡眠でこれを解消していきます。

しかし、回復以上に疲れが溜まっていることを眼精疲労と言い、
中には病気が原因で起こることもあります。

また、目の血液や血行も重要です。

運動不足や姿勢が悪かったり、食べ過ぎや便秘などでも、
目に悪影響を及ぼすことがあります。

さらに、視力低下の原因として、「ストレス」があります。

急激に視力が悪くなった・・・と言う人は
ストレスが原因の可能性もあります。

わかりやすいのが「受験勉強」。

実は勉強が原因ではなく、
「ストレスが原因」ということもあります。

目の疲労や視力低下は、ストレス信号のひとつと考えましょう。

視力低下には原因があります。

コメントは受け付けていません。