視力回復とまばたき

視力のいい人と悪い人の違いに、「まばたき」があります。

ドライアイにならないように、
目が乾いてくればまばたきをしますが、
目の悪い人はそれができません。

また、何かに集中しているとまばたきをしないため、
視力低下にも繋がってしまいます。

涙には酸素を届けるという重要な役割がありますが、
まばたきをしないと目は疲れて、乾いてしまいます。

しかも、何気ないこのまばたきは、
外眼筋の硬直を防いでいます。

たかがまばたきですが、とても大切な体の動きのひとつです。

まばたきを改善するのは、とても簡単です。

何かをしている時に、まばたきをすれば良いだけですから。

基本的に3秒に1回くらいが理想です。

何かをしている時にでも、
意識的にまばたきをしていくことができれば、
簡単に習慣になっていきます。

暇な時やリラックスタイムなど、いつでもできるので、
まばたきをして視力回復を心がけていきましょう。

視力低下の原因を知り、改善していきませんか?

コメントは受け付けていません。